​あらすじ 

ある大学の研究室で、「心を可視化する機械」の開発が行われていたが、

実験中に事故が起こり、開発者の三島草一が意識不明のまま目覚めなくなる。

共同研究者で草一の妻の碧は開発を続け、草一の心の可視化を試みていた。

成果を出さない開発を疎ましく思う大学側は、機械の調査という名目で、

真崎トオルを研究室に送り込む。

トオルは、機械に魅了され、また徐々に碧に惹かれ、

機械開発に加担していった…

「心を可視化することができる機械」を巡る3人の男女の物語。

眠ってしまって目覚めない夫・草一。

草一の心を見ようとする研究者・三島碧。

碧に惹かれる真崎トオル。

真崎トオルは、碧を手にしたいという欲望を持ちながらも、相手にとって何が一番幸せかを考えている。

心として姿を表す草一は、目覚めることのない、自分を思い続ける碧への別れの言葉を見つけられずにいる…

報われない、手に入らない思いを抱えた3人たちが迎える決着は…?

報われず、届かない…それでも生まれてしまった感情や心の行き場はあるのか。

心の中で、祈りのように思うことが、いつかどこかで他人に届くことがあるのだろうか。

1.jpg
3.jpg
sub2.jpg
7.jpg
8.jpg
13.jpg
12.jpg
2.jpg
Main.jpg